Withlete代表のブログ

~福岡で陸上を愛する全てのランナーを繋げたい~

小さくても絶やさない。

こんばんは!

 

まずは宣伝。

1/30(日)Withleteタイムトライアル会 筑後川河川敷

スタート・ゴール地点:久留米大橋下あたり

後日、コースやスタート時間、スタート・ゴール地点発表

5km・10km誰でも参加可能。3kmは中学生以下男子、2kmは中学生以下女子。

1/26(水)23:59までにアンケート回答お願いします!

それだけでエントリー確定です!

forms.gle

 

 

はじめに

今日は、都道府県女子駅伝が行われ、福岡チームが準優勝という素晴らしい成績でした。世代を超えたタスキリレーが見れるのは駅伝ファンとしてもわくわくする駅伝です。

しかし、広島開催の男子については新型コロナウイルス感染拡大の為、中止の決定がありました。

出走する選手の皆さん、運営に携わるスタッフの皆さんの心情を思うと心が痛みます。

 

福岡でも久留米ロードレースが中止

1/30(日)に久留米市で開催される予定だった久留米ロードレース大会が中止となりました。多くのロードレースが中止となる中で、冬の練習の成果を確認できる貴重なレースだったということもあり、私の知り合いも多く参加する予定でした。

 

「感染拡大防止の為」という理由の他にも様々な要素が絡み合っているのでしょう。

 

色々な発信の中で「今回のオミクロン株は重症化しにくい」だったり、「ただの風邪」「重症者の人数を見てほしい」という意見も拝見しました。

 

私が主催者であれば「そういう報道は自分たちだって見てるよ」って思うでしょう。

 

ただ、いまだ、「指定感染症」に指定されている為、「ただの風邪論」が簡単には通用しないのが現状です。

 

また、ロードレースは特に陸上関係者のみで成立するものではありません。

 

会場は県や市などの自治体が管理している場合がほとんどで、実行委員会や後援には自治体の力が必要な場合が多いです。

 

私たちが昨年の3月に開催したFABPRO春の大運動会も、福岡市に名義後援を頂いて会場を貸して頂くことが出来ました。

 

もっと規模の大きい大会であれば、より行政の関与もあることでしょう。

 

どういうコロナ対策が正しいか答えが出ていない中で、行政の立場からすると「何か対策をしないといけない」ということもあるでしょう。

 

推測ですし、そこを話したい訳ではないのでこれ以上書きませんが、私たちレベルでは大きな大会の中止を止めるような力は持っていないのが現状です。

 

今はSNS上での共感が国に大きな影響を与えることがあり得る時代になりましたが、私のツイートが東京マラソンの中止を止めるのにどれくらい影響を与えるかと言えば0に等しいです。

 

それは、より影響力のある方々が発信される方が効果的だと思うし、今のWithleteに出来ることはそういうことではありません。

 

だったら何をすればいいのか

「指定感染症」に指定されている新型コロナ感染症ですが、これまでのロードレースの開催ではクラスターの報告がなされていないのも事実です。

 

「やれるかやれないか」で言ったら「やれるはず」です。

 

昨年10月31日に開催された金沢マラソンは10000人規模のレースでしたが、その後の感染者の増加は見られませんでした。

 

都合のいいデータだけを取り上げていたら申し訳ないのですが、その他のレースによる感染者増加の事例は私の知る限りではありません。(レースの後の飲み会とかまでは考慮しておりません)

 

私たちWithleteはそんな大規模なイベントを開ける実力と代表の人望?がありません。

 

しかし、ちびちびと小さな練習会やイベントを行うことは可能です。

 

生涯スポーツであるはずのランニングですが、コロナで試合がなくなったことによりしなくなってしまう人が増えるのは悲しいことです。

 

また、ありきたりな言葉ですが、力を発揮する機会が無くなるのは真剣に取り組めば取り組む程、多くの失望感を抱くものです。

 

小さなレースや練習会でも絶やすことなく続けることが、小さな団体である私たちに出来ることだと思っています。

 

こういう小さなレースは、やがて来る大規模レース開催までのモチベーション維持の為の「繋ぎ」の役割とともに、「新たな陸上レースの楽しみ方」になっています。

 

福岡でも私たち以外にそういった動きをされている方がいらっしゃるので、微力ながらもお手伝いしていければと思っています。

 

前向きにやっていったもん勝ちです!

 

今の現状も受け入れながらやれることを積み上げていきましょう!

 

可能な方は1/30(日)筑後川河川敷で一緒に走りましょう。

 

 

 

 

 

(ほぼ)毎日同じ生活をする

こんばんは!

今日は、結論から言うと規則正しい生活をすべきだという内容です。

 

皆さんはいつも何時に起きて何時に寝るというのは決まっていますか?

学生の皆さんは宿題やバイトによって左右されるかもしれないし、夜勤がある方は毎日同じ生活をするというのは難しいかもしれません。

私の場合、平日9時出勤・18時退社(残業はあり)なので、規則正しい生活を送ろうと思えば出来る環境にいます。

 

誰も興味はないと思いますが、私の1日(平日)はこんな感じです。

5:45 起床

6:15 ランニング

7:45 朝食

8:00 身支度

8:30 出発(通勤5分)

9:00~18:00 仕事(遅い時で20:30)

18:45 夕食

19:30 勉強or娯楽

21:00 入浴

22:30 就寝

 

こんな生活を(ほぼ)毎日送っています。

 

まず、私がどうしても譲れないのは

  1. 7時間以上の睡眠
  2. 朝のランニング

の2つです。

 

今は仕事もそうですが、それと同じもしくはそれ以上の熱量で、走ること+Withleteの活動を行っています。

ランニングやWithleteの活動が出来なくなる仕事は選びたくないというのが、就活の最中にも頭の中にありました。

真剣に競技に取り組むのであれば、練習はもちろん、それ相応のリカバリーを行う必要があります。

なので、運動をしていない人と同じ生活をしていてはダメで、たくさん栄養と休息を取らなければいけません。

 

夜に走ることを試してみたのですが、夜に覚醒する感覚があって寝つきが悪いのと、朝走る方が1日のエネルギーが満たされる感じ(これはやってみないと分かってもらえない)があるので、ランニングは朝やることに決めました。

 

こうして、睡眠時間と朝のランニングの時間を確保するためには、自然とこの就寝時間と起床時間が絶対条件になります。

 

こうやって生活を固定することでいくつかメリットを感じられるようになりました。

 

1. 寝つきが良くなる

毎日同じ時間に寝るのでいつの間にか眠くなり、寝れない日がなくなりました。

 

2. 1日にやれることが増える

毎日やることで習慣化するので、最も苦痛であった「朝ラン」に対する抵抗感がなくなりました。朝走ることで頭も身体もオン状態に入り、特に午前中にやれる仕事量が増えました。

 

3.自分の時間を確保できる

社会人になって最も大切かつ困難なことは「自分の時間を確保する」ことです。私にとっては、読書であったりカフェに行って勉強をしたり、家でぼーっとする時間のことを指します。これを確保できていないといつの間にか30歳、40歳になっていそうで、最近とてつもない危機感を覚えています。自分に出来ることを今のうちに1つでも増やしておきたいので、この時間はとても大切です。これもやはり習慣化で、毎日やることとなると抵抗なく出来るし、多少嫌な時でもやるという選択が出来るようになりました。

 

こうやって書いていくと習慣化の話になりました。

習慣って本当にすごいもので、私の場合だと1日15km走ることは別に普通のことですが、走らない方からすればバケモンのように感じられるでしょう。

逆に、私からすれば考えられない努力を毎日続けている人もたくさんいます。

しかし、そういう人にとって、習慣化されていることをやることに対して「努力している」と思っていないところが一番大切なところです。

 

「頑張ってやっている」と思ってやっていると続かないことの方が多いですよね。

 

でも、習慣化されている人にとっては、普通の人からすれば頑張らないとやれないことを平然とした顔でやってのけます。

 

こうやって、将来やれることの幅(選択肢)が決まっていくのでしょう。

 

最後に、私が刺激を受けた言葉を載せておきます。

 

生きていくうえで、己に打ち勝てる者だけが自由になれる。もし自己抑制ができないなら、気分や情熱の奴隷になってしまう。

 

これは、男子マラソン世界記録保持者エリウド・キプチョゲ選手について書かれた記事の中にあった言葉です。

本当にキプチョゲ選手がこのように言ったかは定かではありませんが、これは的を得ていると感じます。

ここでは「自己抑制」と書かれていますが、「習慣化」することで「一瞬楽しいけど意味はないこと」に飛びついたりすることがなくなるのではないかと感じました。

 

なんか自分の生活に張り合いがないなと感じている人は、いったん起きる時間と寝る時間だけ合わせてみるといいでしょう。

 

ということで、今週も読んで下さりありがとうございました。

 

 

「走ることが好き」とは。

 

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。

今年の正月もニューイヤー駅伝箱根駅伝で終わりそうです。

1年で最もモチベーションの高い3日間が終わろうとしています(笑)

 

↓昨年の箱根が終わったタイミングでWithleteメンバーのまなみんが書いてくれた文章。

1年経っても考えさせられることは多いです。

note.com

 

特に箱根駅伝は日テレアナウンサーの入念な下調べによる実況も相まって、どのマラソンレースや駅伝レースよりも最も国民に身近に、かつドラマを感じられる試合になっているようです。

今回、アナウンサーが選手の紹介をしている際に「小さい頃から走るのが大好きでした」という言葉がありました。

私もこれまで何度も使ってきたはずの言葉でしたが、「走るのが好き」って何なんでしょう。

 

小さい頃から走るのが好きだった訳ではない

私自身、小学生から陸上を始めていましたが、運動音痴だった私は、別に運動が好きではありませんでした。地元の陸上クラブに入ったのも「1個上の兄と同じことがしたかったから」という理由で、恐らくそれが野球だったら野球をやっていたと思います。

縄跳びすらまともに跳べない運動音痴でしたが、陸上クラブに入って練習していると、県で上位になり、全国ランキングでも1位を取ることが出来ました。

その時から走るのが好きか?と聞かれれば、「好きだ」と答えていましたが、実際のところ、「陸上クラブに行って友達とふざけるのが好き」だったのが大きく、そのために走りに行っているというのが正しかったように思えます。

 

最も陸上が好きだった中学時代

小学校高学年になってからは、練習をさぼることも多くなり、ブクブク太っていて県ですら優勝することはなくなりました。それでも、中学校の部活を選ぶ際は、陸上クラブの先輩が多くいた陸上部に入部しました。先輩というより友達だったので、また一緒に遊べるくらいの感覚で入部していました。

今思えば、先輩に対して全く敬語を使っていなかったですね(笑)

中学校では、だいぶ真剣に競技に打ち込み、3年生では試合でも優勝出来ることがありました。全国には行けなかったですが、でぶっちょからは脱却し、結果も上がっていました。高校は、陸上で進学することしか頭になく、特待をもらうために必死に練習していた記憶があります。専門の先生がいなかったので、自分でメニューを決めてこなしていたため、走ることに対して積極的だったのだと思います。

 

自分から「走ること」を取ったら、何が残るのか

高校は福大大濠に特待を頂いて進学しました。

朝5時に出発し、朝練・午後練をやって、夏休みは3回合宿に行ってほぼ家にはいませんでした。キラキラした青春とはかけ離れた日々で、遊んでいる同級生をうらやましく思うことも多くありました。2年生以降は故障、貧血で走れないことの方が多くなり、別メニューでリハビリをしていることもしばしばでした。スポーツで進学している以上、部活を辞めることは学校を辞めることにもなるのですが、発狂したくなるくらい学校を辞めたい時期もありました。

今みたいに物事をポジティブに捉える精神力を持ち合わせていなかったので(笑)

 

それでも、辞めることが出来なかったのは、「また走りたい」というポジティブな理由ではなく、「辞めたら自分は何も出来ない」という恐怖心というか不安が大きかったです。今同じ想いを抱いている人は必ずいるはずです。

 

走ることを捨てた先に

結局、最後まで思うように走れなかったのですが、とにかく復帰に向けてリハビリに取り組んだり、走れるようになるためにがむしゃらに頑張りました。そんな3年間を終えた時、なぜかスッと走ることに対する執着が消え、辞めることが出来ました。

大学進学を決める際は、大学に入ってまで走る意味を見出せませんでした。

かといって、コネを使って関東の私大に入ることにも意味を見出せず、また自力で大学に進学する実力もありませんでした。

そこで唯一好きだった歴史の勉強が出来る大学を探し、中学で止まった学力を取り戻すため猛勉強をし、2年間浪人をして目標の大学に入学しました。

2年間のブランクを経て、様々なサークルを見学して、結局入ったのが陸上部。

 

なぜか、またやってる。

 

この時、初めて自分が「走ることが好き」なんだろうなということを実感しました。

 

速くなりたければ、犠牲にしなければならないことも多いです。

社会人になってからは特にそれを実感します。

今回、箱根駅伝を走った選手なんて、とんでもなく多くの我慢に打ち勝ってつかみ取った選手の座だったはずです。(関東の大学で飲み会断る勇気すごい)

 

しかし、どんだけきついことだと分かっていても

「やらないとなんか気持ち悪い」

「箱根見てると走りたくなった」

みたいなよー分からん理由で外に出かけて行ってしまう訳です。

 

これが究極の「走るのが好き」ってやつなんでしょう。

 

「走っている人ってドMだよね」という誉め言葉をよく頂きますが、誰からも理解されることのない「走るのが好き」というこのモヤっとしたものを、これからも大切にしていきたいと感じた正月でした。

 

今年も一人でも多くランニング中毒者を増やせるよう活動していくので、Withleteをよろしくお願いいたします!

 

 

 

 

強く望むこと

傷つくのを恐れることは、実際に傷つくよりもつらいものだと、おまえの心に言ってやるがよい。夢を追求している時は、心は決して傷つかない。それは、追求の一瞬一瞬が神との出会いであり、永遠との出会いだからだ。

 

これは、小説『アルケミスト』の一説です。

羊飼いの少年が宝物を求めて過酷な砂漠を超えていく中で出会った錬金術師(アルケミスト)が話した台詞です。

 

少年は、宝物を見つけられずに砂漠で死ぬのではないかという恐怖と立ち向かう中で、アルケミストに「僕の心は、傷つくのを恐れています。」と話した時に返ってきたのが上の言葉でした。

 

私たちは日々、心のどこかにストレスや恐怖を抱えて生きています。

 

スポーツや勉強など今まで真剣に取り組んだことがある人なら誰しも「これだけやってきて、達成できなかったらどうしよう」という、恐怖を抱いたことがあるはずです。

 

真剣にやってきたことが、結果に表れなかったことを想像すると、今やっていることが全て無駄になるのではないか、と考えることはごく自然な感情です。

 

そして、本当に結果が出なかった時、上手くいかなかった時、挑戦すらを後悔することもあるでしょう。

 

それでも前に進み続けるしかないのだとアルケミストは言います。

 

陸上競技のように、成果が自身の順位・記録となってはっきりと表れる競技では、よりこの恐怖を経験することがあります。

 

特に自分の身一つで戦う種目であるからこそ、ウエイトコントロールや体調にも気を使い、試合前になると精神状態が不安定になることも多くあります。

 

どんなにケロリとしていそうな選手でも必ず恐怖と戦っています。

 

私たちは陸上競技の楽しさを広めたい、走ることでより幸せになってほしいという思いを持って活動していますが、この恐怖をなくすことは出来ません。

 

それでも、「誰かが一緒に戦ってくれている」と思えると、その恐怖を一瞬でも忘れることが出来たり、和らげることが出来ます。

 

何かを強く望めば宇宙のすべてが協力して実現するように助けてくれる。

 

私たちWithleteが、誰かが一歩踏み出すための後押しとなれるよう、強い想いを持って活動していきます。

 

2021年、関わって下さった全ての皆様に感謝します。

 

それでは、よいお年をお迎えください。

【1月練習会】フルマラソン向けっぽいのやります!

メリークリスマス🎅

皆さん、今日はインスタを見ない方がいい日ですよ!(笑)

 

まあ、そんなことはいいとして、1月の練習会について書きました。

練習メニューと意識するといいかもしれないことを、めちゃくちゃ真面目に書いていますよ。

 

 

☆Withlete定期練習会 要項

日程:2022年1月15日(土)

場所:大濠公園宝亭(0m地点)

タイムスケジュール

9:00 集合・ペースの組み分け

9:15 動きづくり、ウォーミングアップ

10:00 本メニュー開始

メニューが終わった組からダウンjog

12:00頃 挨拶・写真撮影・ゴミ拾いの後、解散

 

☆メニュー

5km×3 r=1kmjog

ペース設定(仮)

4’00/km、4’30/km、5’00/km、5’30/km、6’00/km

※走力・目的に応じて本数調整を行ってください。

 

☆マラソンペースの動きを知る

ラソンペースの動きを覚えましょう!

まあ、こうやって偉そうに言っていますが、私もまだフルマラソンは2回しか走ったことがありません。その2回が典型的な成功レースと失敗レースでした。

 

1回目 2019年2月 北九州マラソン

2時間49分29秒 62位 30kmまで2時間35分ペース(3’40/km)でいくものの失速し、最後は歩きました(笑)

 

2回目 2020年2月 北九州マラソン

2時間34分56秒 11位 30kmまで2時間35分ペースより少し遅いくらいで走り、ラスト10kmは猛烈な向かい風の中、ペースを上げ目標タイムを4秒上回りました。


この2回のマラソンに向けた準備で違った点はいくつか上げることが出来ます。

 

私は他人の経験談は成功例よりも失敗例から学べることの方が多いと考えていますので、1回目のレースのための準備では何が足りなかったのかを1つだけ挙げてみます。

 

☆初マラソンでの失敗

 

初マラソンに臨むまでは、練習量も圧倒的に少なく、週60kmくらいでした。

余程、5000mや10000mの力があるなら別ですが、目標が2時間35分のランナーとしては心もとない距離だといえるでしょう。だからこそ、「距離は踏まないといけない」

と思っており、普段10kmくらいだったjogを15~20kmにしました。

 

そして、とにかく目標ペースに慣れることが大事だと思い、目標タイムのペース(3’40/km)のペース走を16km程行っていました。

 

初めは順調だったのですが、徐々に疲労が蓄積していき、なかなかいい練習を積むことが出来ないまま、本番を迎えました。

一気に距離を積み過ぎたとか、忘年会で飲み過ぎた?とか、色々な原因はあると思いますが、行っていたペース走の練習に関して言えば、「ペースに慣れるのではなく、動きに慣れるべきだった」ということです。

 

大迫傑選手のインタビューで「レース中は自分の身体と対話する」という言葉がありました。大迫選手は走る前からどういう出力で走れば42.195kmという距離全体で自身の力を全て出し切れるかを知っていて、走りながらその力感を微調整されているのだろうと私は解釈しました。

 

練習ではレースの時より疲労が溜まっているので、当然きつく感じます。

それでも、16kmのペース走であればレースの半分以下の距離なので、いっぱいいっぱいになるようなペースでは、本番に42.195kmを走り切れるイメージは湧きません。

 

初マラソンに向けての練習では、目標ペースに執着し過ぎていました。

ラソンになればオーバーペースになるような動きでばかり走っていたので、どれくらいの出力で走れば最後まで体力がもつのかを知らないままレースを迎えてしまいました。

 

以上が私の失敗談です。

 

☆練習会で意識してみるといいこと

今回の練習会では「自分を知ること」を大切にされてみてはいかがでしょうか。

 

5km×3でいっぱいいっぱいになるようなペースでは恐らくフルマラソンで力を発揮することは難しいでしょう。

 

当日はペースメーカーも付きますので、普段1人で練習されている方はいつもより楽に長い距離を走れるかもしれません。こういった練習会を利用して、自分がフルマラソンを走り切れるペースを模索してみてくださいね!

 

色々難しく書いてしまったかもしれませんが、健康のために1本だけジョギングで走るとか、よー分からんけど走ってみよ!くらいのノリでいいんです。

 

ただ、今日のブログはフルマラソンで記録を目指したい方に向けて書きました。(フルマラソン経験2回のみの若僧です)

 

ラン仲間を誘って是非、大濠公園にお越しください。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

f:id:asuking:20211224160054j:plain

苦しい準備期間の分、達成感も大きい。
もちろん、準備なんかしなくても、達成感は大きい。

 

Withleteだからこそ出来る練習会になっているか

こんばんは!

 

今週は全国的に大寒波がやってきており、めちゃくちゃ寒かったですね。

 

そんな中、月1での定期練習会を昨日大濠公園で行いました。

 

今回はミニ駅伝。

 

1区4km、2区1km、3区3km、4区~6区2km。

 

1区は中学新人駅伝で4km区間を走る可能性がある選手に優先的に走ってもらい、その他の区間は各チームで話し合って決めてもらいました。

 

f:id:asuking:20211219205916j:plain

f:id:asuking:20211219205944j:plain

みんな景品の佐賀牛うまい棒みたいなのを目標に(してはないと思うけど)一生懸命走りました。

 

f:id:asuking:20211219210102j:plain

f:id:asuking:20211219210130j:plain

毎回参加してくれるチームもいれば、新たに参加してくれるチームもあります。

 

地道な活動でも少しでも多くの方に知って頂くことが、みんなが陸上競技を楽しめる環境づくりの一助になると思っています。

 

f:id:asuking:20211219210157j:plain

f:id:asuking:20211219210208j:plain


そのためには、私たちが猛烈な熱意を持ってやらないと伝わらないと思うので、とにかく一生懸命考えて動いていかないといけませんね。

 

練習会の度に満足感とともに課題感も見えてきます。

 

私たちだからこそ出来る活動になっているか。

 

もっと交流を生み出せるのではないか。

 

そこを常に模索する必要があります。

 

陸上とともに色んな学びを加えてうける練習会にしていくのが2022年にやっていかないといけないことの一つだと実感しました。

 

乞うご期待。

 

今日もブログを読んで頂きありがとうございました!

 

f:id:asuking:20211219210241j:plain

 

生活の中に余白を作るということ

今日は最近考えたことを書いていきます。

 

正直、最近色々と停滞しているなと感じていてすごくモヤモヤした気分が続いていました。仕事に対しても、走ることに対しても、そして友人と会ったり話したりすることもあまり乗り気になれない感じ。

 

この原因の1つは、生活に全く余白がなかったことです。

 

ここ最近1日足りともゆっくり家にいたことがありません。

 

やっぱりゆとりがないと、心にも余裕がなくなって面白い発想や新たな取り組みを考える余裕がなくなってしまうみたいです。

 

今、Withleteでは色々なことを同時に進めています。

 

練習会は月1ですが、その他にも

 

  • マネージャー向上委員会
  • イベント開催
  • 新たなサイト作成のプロジェクト

等をやっています。

 

これらはそれぞれ私たちが大まかに「こういうことをやりたい」「困っている方の問題を解決したい」という想いがあってやっています。

 

しかし、「それが成功するのか」「明確なゴール地点があるのか」と言われると、回答に困るのが正直なところです。

 

Withleteの活動を始めて1年半、「まずやってみる」を体現してきた私たちです。

 

バーチャレがいい例で、「福岡でも開催します!」と言った後に0から計画を練り始めていましたから(笑)

 

それでも、とにかく必死で話し合って、動いて、当たって砕けてを繰り返して、今のWithleteがあります。

 

著名な教育心理学者のクランボルツ教授が提唱した理論の中に「キャリアの8割は偶発的な出来事によって決定される」という言葉があります。

 

予期しない偶然の出来事にベストを尽くして対応する経験の積み重ねが大切だということらしいです。

 

私自身、仕事でも不満を抱くことがありますが、今の状況には自身で変えることの出来る部分と出来ない部分があります。

 

充実していると感じている時は、

 

  • コントロール出来ない部分に対して不平を言ってもどうしようもない、という楽観的な感情
  • コントロール出来る部分の中で何かしら爪痕を残してやろうともがいている時

 

が多いように思います。

 

まず動いてみることが大切という経験則には矛盾するかのようですが、いっぱいいっぱいにならないために、変えられないことに悩む時間を減らして、生活の中に適度な余白を作ることも大切にしていこうと思います。

 

これからもWithleteの活動のモットーは、私たち自身が楽しいことが第一条件(そうでなくなった時はやめます!)です。

 

それは忘れずに、やっていければいいですね。

 

長々と書き連ねてしまいました。

 

ここまでたどり着いていただき、ありがとうございました。

 

f:id:asuking:20211212201114j:plain

必死だったバーチャレ福岡の運営。きついけど楽しいってやつですね