Withlete代表のブログ

~福岡で陸上を愛する全てのランナーを繋げたい~

福岡では何をやってやろうか。

みなさんこんばんは!

 

先週末は弾丸で東京で行われたOTT(オトナのタイムトライアル)のボランティアをしてきました。

このブログを読んでらっしゃる多くの方々はすでにご存じかとは思いますが、知らない方は下の埋め込みをご覧ください。

 

otona-tt.com

 

ようやく行けたOTT

ジョギングを楽しむ方もガチで陸上競技に打ち込んでいる方も、そして運営に関わるボランティア全員が主役であるということがこのイベントの最大の魅力です。

 

コロナ禍になって公認試合が激減した2年程前から、全国で手作りレースがたくさん開催されるようになりました。私たちWithleteが開催した「FABPRO春の大運動会」もその1つです。

 

その中でもOTTは全国的にも知名度・注目度が高く、ランナーが1度は参加してみたい「お祭りレース」になっています。

 

私は1月に東京でレースに出場した際、九大時代のパイセンである古川さん(現:東大院(真偽不明))に「アスキにもOTTは1度見てほしい」とお声かけ頂き、2月のOTTに参加するため航空券を取っていました。

 

ところが、前日が大雪に見舞われ佐賀-羽田便がストップしてしまい、今回ようやく今回足を運ぶことが出来ました。

 

「どうせ金をかけてるだけだろ」と思っていたOTT

「OTTはEKIDEN NEWSさんの発信力で、有名なランナーがペースメーカーに加わりどんどん魅力的になってるし、とんでもない設備使ってるんだろうな。金があるから出来るんだろうな」なんて思っていました。

 

実際行ってみると決してそういうわけではないということが分かりました。

 

確かに音響設備やOTTののぼりみたいなのには多少お金がかかっているかもしれませんが、参加するランナーは「誰でも受け入れてくれる」このイベントに大きな魅力を感じているのだと気付きました。

 

現に福岡(あ、佐賀)から来たよそ者ボランティアが帰る時には「また来てね~!」と言ってくれるアットホームさがありました。

 

また、ボランティアが選手と同じようにイベントに参加できる雰囲気がありました。

 

ほとんどのイベントがボランティアは「影の立役者」になる中、OTTでは決して影ではない存在でした。

 

「誰でも参加できる」に一番近いイベント

全国で開催されているあらゆるイベントの多くは「誰でも参加できる」をうたい文句にしています。私たちもそれを理想としてユニークな種目を入れたりと知恵を絞っています。しかし、どうしても競技者目線から抜け出せず、「誰でも参加できる」とは言い難いレベルのレースが繰り広げられています。

 

5000mのレースで1km5分ペースで最下位になるようなイベントは、「誰でも参加できる」とは言えないのが通常の感覚である、ということにイベントを開催する側になって初めて気付きました。

 

OTTはもっとゆっくり走っても全く問題ない雰囲気がありました(それでも30分くらいでは全員ゴールしていましたが)。

 

そして、何よりランナーでなくても参加している感を感じられるという点で、日本でもトップクラスの「誰でも参加できる」イベントです。

 

福岡でなにをやろうか

 

魅力的なイベントなのは間違いない。

 

とはいえ、OTTはやっぱり東京。

 

あんだけの頻度でイベントやって、毎回あんだけのペースメーカーが集まるのもそれはやっぱり東京だからです。

 

九州の実業団選手はめちゃくちゃ強いけどイベントに参加してくれるかと言ったらそういう風潮は関東よりも全然弱い。というか、全くありません。

 

それが悪いというわけではなく、むしろそういう魅力的なイベントが九州にはほとんどないからというだけだと思います。

 

見るだけで楽しい、会場にいるだけで楽しいイベントを福岡でやる必要があります。

 

「誰でも参加できる」ためには、なんなら走る必要もないわけです。

 

走っても楽しい、見ていても楽しいを実現することをWithleteで考えなくてはなりません。

 

僕は観光業に携わる仕事をする中で、福岡、そして九州じゃないと出来ないイベントを作りたいという想いがますます強くなってきました。

 

陸上競技だけじゃ「誰でも参加できる」にはならないということを強く実感する中で、他の何かと組み合わせて、来るだけでも面白いイベントにしてやろうと思います。

 

我らがWithleteの副代表つだには怒られるかもしれませんが、博多のお祭り・博多祇園山笠のような神輿を担いで400mトラックを走ったら何秒のタイムが出るんでしょうか。

 

まあ、さすがにこれはふざけすぎですが、めちゃくちゃハイレベルなレースをするか、ふざけすぎなことをやらないと陸上イベントを見に来る人なんていないと思います。

 

福岡じゃないとやる意味がないというくらいのイベントを作り上げます。

 

まずは8月にナイターでイベントを計画しています。

 

1回では理想に近づけないことは承知の上ですが、出来る限り頭ひねって色々挑戦してみようと思います。

 

刺激的な週末でした。

 

 

 

 

 

競技者と愛好者の壁を壊したい

5/7(土)

春日公園 jog会 参加者1名

5/8(日)

大濠公園 練習会 参加者約60名

 

練習メニューの意図を伝えます。何となくメニューを考えている訳ではないことを伝えるためにも手を抜かず説明します。

スタート前に再確認。目的に応じて追い込む度合いは変わるので、忘れないようにしています。

走りはこんな感じです。

練習会も盛況でしたが、今回はjog会について書いていきます。


今回、初めて春日公園で練習会を行ってみました。

そしてそして、初めて「jog会」というものを行ってみました。

 

私たちWithleteの活動理念は「すべての福岡ランナーが走ることを楽しめる環境をつくる」ことですが、これまで開催してきた練習会はどうしても敷居の高いものになっていた感は否めませんでした。

 

もともと中学生たちとの関わりが多かったことから、月1の練習会の対象は中学生を想定したものにしており、これまで多くの子たちと一緒に練習をすることが出来ました。

 

これは今後もたくさん開催していく方針は全く変わりません。

 

しかし、これだけだと「記録」だけを意識した練習会になってしまいがちで、ただただ「走る」ということ自体を楽しみたい方々にはどうしても参加出来ない状態が続いていました。

 

そこで今回始めたのが「jog会」です。

 

jog会を開催するという目論見はずいぶん前からありましたが、今回初めて実施することが出来ました。jog会とは集まってただただおしゃべりしながら、ゆっくり走るだけの会です。

 

ペースは参加して下さった方々に合わせて色々なことをお話しながら走ります。

 

「走ること」を通してたくさんの出会いを作ることが目的の団体なので、こういうところからまた新たな繋がりが出来たらいいなと思っています。

 

様々な年代の方々や業種の方々のお話を聞くことは刺激的で、自分の視野を広げるためにもすごく意味のあることです。

 

練習会からの食事会みたいなものも今後開催していければと考えています。

せっかく走るなら走ることだけでなく、多くの学びを得られる時間にしたい。

 

そんな集まりに出来ればと思います。

 

今回は初めて春日公園に行って走りましたが、jog会をするにも練習会をするにも素晴らしい公園だったので、これからの活動拠点の1つにしていきます。

 

練習会だけでなく、jog会にも是非お越しください!

 

ゆるーく走ることも必要!(笑)

 

GW中の練習会について

みなさん、こんにちは!

 

目次

 

公式LINEの友だち追加のお願い

 

皆さんにお知らせなのですが、今後練習会のペースメーカーやイベントなどで協力頂ける方を募集する際は、LINEの公式アカウントを利用させていただきます!

公式アカウントの割にはふざけたことをたまに言うかもしれませんが、練習会の発信はこちらで行っていくので、是非登録頂きたいです!

 

lin.ee

 

 

5月練習会のお知らせ

さてさて、今月の練習会ですが、初めて2回開催してみようと思っています。

5/7(土)春日公園

5/7(土)jog会 @春日公園 9:00集合 

内容:30~90分の~んびりjog

Withleteメンバー参加者:あすき、つだ、おかべ

春日公園での初の試みです。

つだは月1で走るか走らないかのレベルなので、体力に自信のない方も安心のペースで走ります。途中から入ってもよしで、私たちは最高で90分程走ります。

10分だけ参加でももちろんOKです!雑談を楽しみます。

kasugapark.com

 

5/8(日)大濠公園

5/8(日)練習会 @大濠公園 9:00宝亭集合 10:00メニュー開始

内容:2000m+4000m r=10分(あくまでも予定です)

Withleteメンバー:あすき、まきし、まなみん

 

今のところ60名程度の中学生が参加する見込みです。

他校の生徒さんから刺激を受けるチャンスです。利用しない手はないです。

 

当日はWithleteメンバーの引っ張り、まなみんのサポート、そして九州大学の陸上部から何名かペースメーカーに参加してもらいます。

 

練習は、2000mは3000mのレースペースより少し遅いくらいで心肺に負荷をかけた後、ペース走をじっくりと行います。シーズン途中で体力が落ちないよう、少し量的負荷をかける目的です。

 

当日参加でも構いませんし、各SNSアカウントにDMでも頂けると人数把握になるので嬉しいです。

 

旅ブログもやってみたい(笑)

私は10連休を頂いていて、最初の2日は大分県・九重に旅行に行ってきました。

 

実は私はサラリーマンをやっており、旅行関連の仕事をしています。

なので旅行はかなり好きで行った土地を走ったりして回るのもすごく好きです。

 

今回は、会社の同期と3人で筋湯温泉・悠々亭に泊まってきました。

大学の合宿で1度宿泊したことがあったので、看板犬もサモエド・エンジェル君に再開することが出来て最高でした。

 

周辺の宿に比べると価格帯は高くなく、1泊16,000円程度でした。

昔ながらの宿という感じなので清潔感の面では敏感な方は少し減点ポイントがあるかもしれませんが、ご飯も美味しくゆっくり過ごせました。

合宿でしかほとんど来ない九重・阿蘇エリアでしたが、走らない旅もいいですね。

あ、一応朝6時に起床し、牧ノ戸峠までの往復10kmの道のりをjogしてきました。

帰りの下り坂のせいで未だに筋肉痛です。衰えたなー(笑)

 

ここが私の”アナザースカイ”

帰り道の杖立温泉の鯉のぼりを見ようと思いましたが、駐車場に入るまでに途方もない待ち時間がありそうだったので断念しました。

 

ちょくちょく旅行に行くことがあるので、旅行先で走った場所なども今後紹介していこうと思います!(Withlete全く関係なし!)

 

それでは、皆さんのせっかくの連休なんで楽しんで!!

不調に陥る時の自身の癖

どうも、Withlete代表のあすきです。

 

現在、Withleteでは様々なプロジェクトを同時並行で進めていこうとしているのですが、正直昨年1年間はWithleteにとって少し停滞の年になった気がしています。

 

自身も慣れない環境の中で生活して疲れていた面がありましたし、メンバーに対しても心に火をつけることが出来ない状態が続いていました。

 

先日、再度同じ方向性を向くためにWithleteの今後の方針や体制について自分の考えを話し、しっかりと共有することが出来ました。

 

また、各メンバーがそれぞれプロジェクトのリーダーになり、自身のやりたいことをWithleteで実現させていくための体制にして、新たなスタートを切った気分でいます。

 

私の場合、走りや勉強、あらゆることにおいて上手くいかない時は、自分の考えを何が何でも貫こうとする場合が多いです。チームのビジョンなど一貫性が必要な時と、実際にやってみて変えるべき必要がある場合がありますが、明らかに間違ったことをやっていると分かっていても、変えることを面倒がってしまうことがあります。

 

Withleteでは、そういう時にしっかりと自分の意見を言ってくれるメンバーがいるのですごく助かっている(まとめるの大変やけど)し、周りがイエスマンになったら終わりだとも思っています。

 

ちなみに私は「イベント・練習会チーム」のリーダーになったので、これらが面白くないものになった際は、責任を取って博多駅にある「4kgカレー」に挑戦します。

 

これからもWithleteをよろしくお願いします!

4月練習会を開催してきました

こんにちは!

 

Withlete練習会が無事に終わりました。

 

毎回多くの中高生が参加してくれるので進めるのも不安な部分が多いですが、参加してくれる子たちが自主的に動いてくれるので、基本何もしなくてよいのでありがたいです。

 

今日の練習は、

①2000m+1000m+1000m

②1000m+600m+400m

 

①か②を選んで練習しました。

 

全チームにペースメーカーを置くわけではなく、自分たちでやれるところは自分たちで走ってもらい、どちらかというとWithleteメンバーは中間層から下の子たちを引っ張っています。

 

チームの底上げのお手伝いになっていれば幸いです。

 

という理由をつけるともっともな話に聞こえますが、シンプルに中高生が速すぎて引っ張れないだけです(笑)

 

練習後は、Withleteメンバーからのありがたくないお話(笑)と、学校毎に分かれて自分の顧問の先生ではなく、別の先生からアドバイスを頂く時間を設けました。

 

試合ではライバル校ですが、普段は全員で強くなろうという意識がすごく見えた練習会でした。

 

こういう場を設けることがWithleteの役割だと思っているので、次回以降も色々な所属の方々が集まって下さる練習会に出来ればと思っています。

 

今日は参加して下さり、ありがとうございました!

 

 

VS 藤井翼さん 年間シリーズ対決やります

M高史さんのラジオ「Mラジ」に出演させて頂きました

先日、ものまねアスリート芸人M高史さんのラジオに出演させて頂きました。

Withleteのことや私の陸上競技人生についてお話させて頂きましたが、Mさんがとても聞き上手な方で話しやすかったです。

私の都合に合わせて頂き21:00からの収録でしたが、いつものユニフォームスタイルで驚きました。さすがはプロです(笑)

是非聞いてみてください!

stand.fm

VS 藤井翼年間シリーズ対決

福岡縦断駅伝も終わり、ようやくトラックに向けて本格的な練習を開始しました。

とはいえ、冬のトレーニングとそんなに大きく変わりはしないのですが(笑)

どの試合に出ようかな~と思いながらとりあえず走り始めたのですが、先日ついに2022年度1発目の試合が決まりました。

 

新年度1発目の試合は、5/5(木)大牟田陸上競技大会3000mに出場します!

 

そして、今年度はItoix RC代表の藤井翼さんと1年間を通していくつか同じレースに出場し、何勝何敗になるのかという対決をやることになりました。

 

藤井さんは高校駅伝ファンはご存じだと思いますが、2008年の全国高校駅伝に長野県・佐久長聖高校の5区を走り、コース新記録を樹立し全国優勝に貢献された方です。

bunshun.jp

 

14年前の話なのでさすがに当時の走力ではありませんが、それでも1年半前には1500mを3'57で走られており、今でも相当強いと思われます(故障していなければ)。

 

これで勝ったから、負けたからといって何かがあるわけではありませんが、やはり社会人になってもバチバチ火花を燃やせる相手がいるというのは、きつい時でも走るモチベーションになります。

 

大牟田陸上3000mは同じ記録で申請し、直接対決します。

 

Withlete代表として負けられない対決ですので、皆さん田中の応援を是非よろしくお願いします!

 

この対決に向けた練習や翼さんとの動画等をWithlete Youtubeにもたまに載せていきますので、是非ご覧ください!

仕事は楽しいものなのか?

こんばんは。

PCの充電器を紛失しており投稿が1日過ぎてしまいました。。。

 

いよいよ2022年度が始まりましたね!

新しい舞台に進んだ皆さん、おめでとうございます!

f:id:asuking:20220404210927j:plain

桜のもとでパシャリ(愛犬のるんちゃん)

今日は自身が1年間社会人生活を送って感じていることを書いていきます。

まだまだ答え合わせは先になると思いますが、仕事に対する今の考え方について。

 

今、私は普通のサラリーマン生活を送りながら、Withleteという陸上競技団体の代表をしています。Withleteは大学4年生の5月頃から始めたので、就職活動をしている時(3年生3月~4年生6月)に始めました。

 

私は就職活動に対しては全く積極的ではない学生だったので、ギリギリに始めて早く終わらせたいという気持ちが強かったです。

 

そんな中でも「この会社に行けたらいいな」と思っていた会社が3つ程あって、何とかそのうちの1つに入社することが出来て、今に至っています。

 

会社選びの中で重視したのは、「休みが多そうか」「人と接する仕事か」「色々な場所へ行ける仕事か」の3点でした。

走る時間がほしい、事務職は絶対無理、小さい頃から飛行機が好きという点でここは外せませんでした。

ということで、それを満たした今の会社に入社をしたのですが、現状今の時点ではやりがいを持って楽しくやれています。

 

それは社内の方々が私なんかを気にかけて下さっていて「人間関係に全く問題がないから」ということは大きな要因の一つでしょう。

中には人間関係の問題で苦しい想いをしている方も多くいるので、その点では私は非常に恵まれています。

 

今回は、それは抜きにして、もし仕事自体に不満があるとするならば、2つのことが考えられると思います。

①仕事が向いていない

②受動的過ぎる

 

①は性格や能力上、その仕事に向いていないのではないでしょうか。

努力でどうにかなると言われても努力しようとする気すら起きないような業務。

めちゃくちゃ人と話すのが嫌いなのに営業職だったり、注意力が長く続かない性格なのに単純作業の事務作業だったり。

 

②の場合にある時は、改善の余地があるかもしれません。

 

こういう仕事しか出来ないからこの会社は面白くない、と思っている人って山のようにいると思います。どうあがいていてもその仕事が面白くならないならしゃあないですが、そうではない場合もたくさんあると思います。

 

私自身は自分の仕事にマンネリしてきたなと思う時は大抵生活が堕落しています。

というか生活が堕落しているから仕事もマンネリしてくる、という順番が正しいです。

 

仕事を面白くする努力は出来ているのか、ということはこれから自分が仕事へのモチベーションが下がった時に問いかけてみたいと思います。

 

こういうことを書くと将来パワハラ上司になりそうと思われるので書きたくありませんが、仕事の時間以外も自分の仕事について考えたり勉強しないと人より上にはいけないと思います。と頭では分かっています(笑)

 

でも、何とか自分で選んだ仕事を楽しくしてみようと挑戦する意識は必要な気がします。外的要因ばかりに左右されて自分に合わないと決めつけてすぐに辞めてしまうと、次に選んだ仕事でも同じようなことが起こるような気がします。

 

転職が普通になっている世の中で自分の考え方は古風な部類に入るでしょうね。

転職して正解だった人もたくさんいると思います。

でも、そういう人はその仕事をする上で、もっと自分を成長させたい!と思える環境に出会えたか、もしくは自分自身がそう変わったかのどちらかだと思います。

 

私は現段階では今の会社でどう楽しむのか、その努力をしていこうと思います。

それを尽くした上で他の会社で仕事がしたい、あるいは完全にWithleteを法人化して勝負してみたい(まだまだ時間はかかりますが)、などなど思うのであれば挑戦していきたいと思っています。

 

それをやってももう無理だ、ここじゃない、もうその頑張り方も分からない。。。となった時には別の道を選んだり、一休みすることは全然いいと思います。

 

それもまた素晴らしい選択だと思うので。

 

まだまだ何にもやれてない私の場合は、「楽しいを仕事に」よりも「仕事を楽しいに」の方がやるべきことかなと思った1年でした。